誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

 トヨタMR2 日本初の本格ミッドシップスポーツカー

ニュース

 トヨタMR2 日本初の本格ミッドシップスポーツカー
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

日本が世界に誇るミッドシップカー トヨタMR2の全て

mR2

「MR2」って、どんなクルマなの?

あの、真面目なトヨタが放った、量産国産車初のミッドシップカーです。

ミッドシップカーは、最大の重量物であるエンジンを車体中央にレイアウトされたクルマ。
「何で、そんなことするの?」
運動性能を追求すると、最終的にはこの「ミッドシップ」レイアウトに行き着くのです。
ミッドシップは前後の車重配分が約4:6に出来ることが最大の特徴です。

クルマは、加減速すると前後に加重移動します。
加速したときのことを考えてみましょう。
加重はリア側に移動し、 MR2はリア駆動のため、駆動輪が押しつけられて理想的な加速性能が得られます。
これがFF(前輪駆動)の場合はどうでしょう?駆動輪である前輪は加重が抜けてしまうため、十分な加速性能を
引き出すことが出来ません。(一般的にFFは230ps前後が動力性能を引き出す限界といわれています)
減速時はどうでしょう?
MR2は加重が5:5となり、四輪すべてのブレーキ性能を引き出すことが出来るわけです。
しかし、重量物がすべてフロントにあるFFは加重が前輪にかかり、ブレーキ性能を十分発揮できないばかりか
強烈なアンダーステアに陥って曲がることすら難しくなるのです。

クルマの基本機能である「走る」「曲がる」「止まる」を高次元でバランスさせたレイアウト、それがミッドシップ。
それを量産車で実現させたのが、トヨタ・MR2なのです。

出典 http://www.motofreak.net

初代 AW11型(1984年-1989年)

1983年の東京モーターショーで発表された試作車SV-3をもとに、リアスポイラーの形状変更、デジタルメーター、Tバールーフの非装備など若干の仕様変更の後、1984年6月に市販された。製造はセントラル自動車(相模原市の旧工場。現在のトヨタ自動車東日本宮城大衡工場)。1984年度の日本カーオブザイヤー受賞車である。
安価で量産性を高めるため、足回りとエンジン、トランスミッションは既存の前輪駆動車(E80型カローラ)を流用し生産された。同様な成り立ちのX1/9や米・ゼネラルモーターズのポンティアック・フィエロを参考にしたとの話や、開発時期が英国ロータスと技術提携していたことから、一部ではロータスが設計した車両をトヨタが再設計してコストダウンしたものとの説もあった(ただしロータスの関与についての確認はヨーロッパでの実走テストにテストドライバーが参加したことのみ)。
1986年にはビッグマイナーチェンジを行い、内外装がブラッシュアップされ、スーパーチャージャーやTバールーフの装備車が設定された(通称後期型)。
1988年の一部改良で電動格納ドアミラーの設定、内装生地の変更、ハイマウントストップランプの設定が行われ、SW20型に入れ替わるかたちで生産を終了した(通称最終型)。AW型は全グレードにおいてパワーステアリングの設定は一切なかった。
生産終了から20年ほどまでは中古車市場で取引されることも多く、維持管理部品のメーカー供給も(加工・流用で対応できる部品を除いて)ほぼ問題なく行われていたが、20年を超えるころから内外装関連で廃番部品が多くなり、部品取り車、リサイクルパーツが高騰しつつある。
なお、AW1#系で採用されたエンブレムは七宝焼きで、AWの文字を模した鳥(猛禽類)が描かれているが、補給部品は2010年にプラスチックベースのものに変更された。

出典 http://ja.wikipedia.org

MR2

2代目 SW20型(1989年-1999年)

1989年10月、初のモデルチェンジを行いW20型(E-SW20)に(通称I型)。
AW11型のMR2はカローラ/スプリンターベースであるのに対し、W20型はセリカ/コロナ/カリーナベースとなった。エンジンもセリカと同じ直列4気筒の2000ccにターボチャージャーを追加した3S-GTE型と、そのノンターボ版となるスポーツツインカムの3S-GE型が搭載された。また当時世界初の試みとして、ステアリングの切れ角に応じて光軸が左右に可動する、ステアリング連動フォグランプ(黄色)も話題となった。しかし大幅に増加した車重やエンジンパワーに対し、足回りとブレーキの貧弱さは否めず、前輪接地圧不足からくるハンドリングレスポンスの悪さ、オプションにもLSDが設定されないなど、スポーツ走行時における数々の問題点を指摘された。ボディカラーは「スーパーホワイトⅢ」「スーパーレッドⅢ」「ブラック」「ダークターコイズマイカ」「クリスタルパールマイカ」「スーパーブライトイエロー」が設定された。Gリミテッド特別仕様車「スーパーエディション」には「ブルーイッシュグレーアージェンタムマイカ」が特別外板色として設定された。

1991年に最初のマイナーチェンジ(通称II型)

1993年11月、2度目のマイナーチェンジ(通称III型)

1996年6月、一部改良(通称IV型)

1996年6月、一部改良(通称IV型)

1999年、後継モデルとなるMR-Sの登場に伴い、生産終了

出典 http://ja.wikipedia.org

MR2

初代ヒーロートヨタMR2 AW11

SW20型 デモ走行

頭文字D - AE86 vs. SW20

どうですか 日本初のミッドシップカー トヨタMR2 本当に個性的でミッドシップならではのコーナーでの安定感 加速当初は衝撃的でした。
私が 初めてミッドシップというのを知ったのは サーキットの狼という漫画で
主人公が ロータス ヨーロッパでした。
それから駆動方式には、FF FR MR RRなどがあるると知り始めました。

そして遂に日本でも本格MRが出たのかと 世界の仲間入りしたのかと驚きました
ミッドシップですので走りを重視した作りなので当然二人しか乗れません
趣味的要素が強くマニアックなので 実用にはかけ離れていますが走る楽しさを味わせてくれる車ですね。

以前 乗らしてもらったことがあるのですが 車高が低く下から見上げるような感じで 生粋のスポーツカーと言う感じでした。エンジンが中心にあるのでコーナーも安定してリアから曲がっていくような感じでした。

これを題材にした漫画 オーバーレブという漫画がありましたが、そのイメージも強いですね。

また 乗れる機会があれば乗ってみたいです、あなたも一度経験してみませんか?

twitterでまとめてみました。

トヨタMR2
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録